北九州市小倉南区の歯医者 上田歯科医院の入れ歯に関するページです。

自分に合った入れ歯がほしい

スタッフブログはこちら

ドクターズブログはこちら

矯正体験記はこちら

患者さんの声

  • ドクターズブログはこちら
  • スタッフブログはこちら
  • 患者さんの声
  • 矯正体験記はこちら

あなたに合った入れ歯をつくりましょう

歯を失ってしまったご自分を想像してみてください。食べ物をうまく噛むことができず食事の楽しみが半減してしまうことでしょう。歯がない部分によっては、見た目が悪くなり、発音にも影響するかもしれません。

失った歯の機能を補う治療法としてもっともポピュラーなのが入れ歯治療です。入れ歯にはさまざまな種類があります。北九州モノレールの北方駅徒歩5分の「上田歯科医院」では常駐の歯科技工士が患者さん一人ひとりに合わせて、入れ歯の設計から作製まで迅速に行っています。

歯を失ってしまったご自分を想像してみてください。食べ物をうまく噛むことができず食事の楽しみが半減してしまうことでしょう。歯がない部分によっては、見た目が悪くなり、発音にも影響するかもしれません。

失った歯の機能を補う治療法としてもっともポピュラーなのが入れ歯治療です。入れ歯にはさまざまな種類があります。北九州モノレールの北方駅徒歩5分の「上田歯科医院」では常駐の歯科技工士が患者さん一人ひとりに合わせて、入れ歯の設計から作製まで迅速に行っています。

入れ歯(義歯)について

入れ歯を新しくつくった当初は、あたる部分が生じたり、違和感があったりと不具合を感じることがあります。

入れ歯を装着してすぐに起きる症状

  • 唾液が出やすくなる
  • 歯や歯茎が締めつけられるような感覚がする
  • 話しにくい、発音しにくい
  • 吐き気がする など

入れ歯は練習と慣れが必要です。初めは違和感があり外したくなりますが、2~3日で落ち着きますので練習しましょう。しかし強い症状や痛みがあるようでしたら、修理や改良が必要かもしれません。すぐに当院にご相談ください。

また、経年ととともに歯茎はだんだん痩せます。しばらくすると入れ歯が合わなくなるのはそのためです。お口に合わせて、快適に使用するために2年に1回はつくり替えていただくのが理想です。

入れ歯の種類

総入れ歯と部分入れ歯

入れ歯は補う歯の本数によって2種類に分かれます。歯がない場合は全部床義歯(フルデンチャー:総入れ歯)をつくり、歯が残っている場合は部分床義歯(部分入れ歯)をつくります。

全部床義歯
粘膜をすべて覆ってその上に人工歯を並べます。
部分床義歯
歯が抜けている部分に人工歯と床をつくり、残っている歯にバネ(クラスプ)などの維持装置をかけます。
保険適用の入れ歯と保険適用外の入れ歯(自費の入れ歯)

保険適用の入れ歯と保険適用外の入れ歯の大きな違いは、使用する素材や製作方法に制限があるかどうかです。
保険診療の場合は、レジン(歯科用プラスチック)が素材で、部分入れ歯の場合はクラスプ(バネ)がつきます。
一方、保険外診療の入れ歯の場合には、使用素材などに制限がありません。費用は全額負担となりますが、患者さんのご要望に合わせて見た目をより美しくしたり、噛み心地にこだわったりすることができます。

保険診療の入れ歯

レジン床

レジン(歯科用プラスチック)でつくる入れ歯です。
部分入れ歯の場合はバネがつきます。

特徴と利点

  • 比較的安価
  • 取り外しができ洗浄可能
  • 比較的修理しやすい

欠点

  • 厚みがあり違和感がある
  • 壊れやすい
  • 部分入れ歯の場合バネをかける歯に大きな負担がかかる

費用目安

  • 8,000~15,000円

保険外診療の入れ歯

ノンクラスプデンチャー

柔軟性や弾力性のある特殊な樹脂でつくる部分入れ歯です。治療回数は型取り・仮合わせ・完成の計3回です。

特徴と利点

  • バネがないので見た目がより自然
  • 汚れが付着しにくい
  • 弾力性がありフィット感がよい
  • 軽く異物感が少ない

欠点

  • 歯の状態によってつくれない
  • 修理が難しい
  • 比較的高価

費用目安

  • 欠損歯1~3歯 80,000円(税別)
  • 欠損歯4~7歯 100,000円(税別)
  • 欠損歯8~11歯 120,000円(税別)
  • 欠損歯12~13歯 140,000円(税別)

シリコンデンチャー

歯茎にあたる部分を柔軟性の高いシリコンで覆った義歯です。グッと噛みしめても痛みがほとんどありません。

特徴と利点

  • 歯茎が当たる部分がやわらかい素材でできているので圧力が軽減される
  • 吸着力があり外れにくい

欠点

  • 型取り~調整に期間がかかる
  • やわらかい素材なので汚れがつきやすい
  • 修理が難しい
  • 比較的高価

費用目安

  • 部分入れ歯 70,000円(税別)
  • 総入れ歯 100,000円(税別)

金属床

床の部分に金属を使用する義歯です。薄く小さめにつくることができます。

特徴と利点

  • 薄くつくれるので違和感が少ない
  • 金属なので食べ物の温度を感じやすい

欠点

  • 見た目があまりよくない
  • 金属アレルギーの心配がある
  • 比較的高価

費用目安

  • 150,000円(税別)

当院の保証制度

当院の保険外診療(自由診療)には保証期間を設けております。保証期間中に入れ歯が破損、破折した場合は修理いたします。シリコンデンチャーは別途サポートをご用意していますので、詳しくは直接お問い合わせください。

3年未満 3年以上4年未満 4年以上5年未満
保証割合 100% 50% 25%

入れ歯を快適に使い続けるために

入れ歯は使うにつれ、摩耗して噛み合わせが悪くなることがあります。またお口の中も変化しますので、定期的にメンテナンスすることが大切です。入れ歯を快適に使い続けるためにも、そしてお口の健康を守るためにも、3~6ヶ月ごと(総入れ歯は6ヵ月くらい)に定期検診を受けましょう。
入れ歯の家庭では落ちない汚れの洗浄や再調整、歯ぐきのチェックなどを行います。

当院1Fにメンテナンス専門院オープン!当院では、より気軽に歯に大事なメンテンスを行っていただくために、メンテナンス専門院をオープン致しました。

Copyright c Ueda Dental Clinic All Rights Reserved.

ページの先頭へ