北九州市小倉南区の歯医者 上田歯科医院によくいただくご質問のページです。

よくある質問

スタッフブログはこちら

ドクターズブログはこちら

矯正体験記はこちら

患者さんの声

  • ドクターズブログはこちら
  • スタッフブログはこちら
  • 患者さんの声
  • 矯正体験記はこちら

よくお受けする質問にお答えします

北九州モノレールの北方駅徒歩5分の歯医者、上田歯科医院は、3代にわたり80年近く地域の皆さんのお口の健康を守っています。私たちはこれまで患者さんからさまざまな質問をお受けしてきました。その中からいくつかご紹介し、Q&Aでお答えします。参考になさってください。「ほかにも聞きたいことがある」「もっと詳しく知りたい」――そんな方は直接お問い合わせください。

よくあるご質問

予防歯科・メンテナンス
予防歯科はどんな人が受けたほうがいいのですか?
過去に虫歯や歯周病の治療を受けられた方だけでなく、今は問題がない方も将来的なお口の健康を考えて予防歯科での定期検診の受診をおすすめします。
予防歯科診療に痛みはありますか?
痛みはほとんどありません。歯石を取る際にしみるようでしたら麻酔をかけますので、ご安心ください。
どのくらいの間隔で予防歯科を受診したらいいのですか?
歯質やセルフケアの仕方により個人差がありますが、3ヶ月ほどすると歯石が形成されていくことがほとんどです。そのため通常は3ヶ月ごとを目安に定期検診を受けることをおすすめします。お口の状態によりおすすめの期間は異なりますので、まずは当院にご相談ください。
予防・メンテナンスについて詳しくはこちらをご覧ください
虫歯治療
虫歯はできやすい人とできにくい人がいるのですか?
確かに虫歯になりやすさには個人差があります。歯みがきの仕方や生活習慣、唾液の分泌量などさまざま理由が考えられます。当院での予防歯科ではお口のトラブル予防に有効な歯みがき指導などをアドバイスしていますので、お気軽にご相談ください。
虫歯にならない方法はありますか?
毎日の正しいセルフケアが基本です。そしてどうしても汚れを落としきれない部分の歯垢(プラーク)や歯石は、定期検診での歯のクリーニングで徹底的に落とすことが大切です。さまざまなアドバイスもいたしますので、虫歯予防のためには定期検診の受診を習慣にすることをおすすめします。
虫歯のような気がしますが痛くありません。歯医者に行ったほうがいいですか?
歯の変化に気づいたら、まずは一度ご来院ください。虫歯でなければ安心ですし、ごく初期の虫歯の場合は簡単な処置で済みます。
虫歯について詳しくはこちらをご覧ください
小児歯科
子どもの歯科治療になぜフッ素塗布が必要なのですか?
フッ素を歯の表面に塗布すると、虫歯菌がつくる「酸」に溶けにくくなります。継続して塗布することで歯質が強化されます。
シーラントって何ですか?
奥歯の溝は汚れがたまりやすいので虫歯になりやすい部分です。そこにあらかじめ歯科用プラスチックを流し込みふさぐ処置がシーラントで、虫歯予防に有効です。
小児歯科について詳しくはこちらをご覧ください
無痛治療
保険は使えますか?
基本的には保険内で治療をしています。
無痛治療について詳しくはこちらをご覧ください
歯周病
歯ブラシがあたると血が出ることがあるのですが、大丈夫ですか?
歯肉に炎症が起こっている可能性があります。炎症が起きると食べ物や歯ブラシによるわずかな刺激でも歯肉から出血することがあります。歯みがきのときに出血した場合は、お早めに当院にご相談ください。
歯周病の自覚症状にはどんなものがありますか?
初期の段階ではほとんど自覚症状はありません。ある程度進行すると、歯肉の腫れや歯茎からの出血などが起こり、口臭や歯のぐらつきなどの症状が現れます。お口に少しでも違和感がありましたら、なるべく早くご相談ください。
歯周病の対策はどうしたらいいのですか?
歯周病を予防するには、歯周病菌のすみかとなる歯垢や歯石を取り除くことが大切です。歯垢除去のためには歯ブラシと歯間ブラシ、デンタルフロスなどによる歯みがきが基本になります。歯垢は食後8時間くらいすると形成されますので、その日の汚れはその日のうちに除去しましょう。
生活習慣での注意点はありますか?
毎日の歯みがきが基本です。歯周病の悪化につながると考えられる生活習慣には、「喫煙」「歯ぎしり・食いしばり」などが挙げられます。また甘い食べ物は細菌の栄養源になりますので、摂りすぎには注意が必要です。また過度の「ストレス」や疲労がたまっていると全身の抵抗力が低下し、歯周病にも悪影響を与えますので気をつけましょう。
歯周病について詳しくはこちらをご覧ください
入れ歯
金属アレルギーの場合、入れ歯は大丈夫ですか?
入れ歯に使用する床やバネ(クラスプ)に金属を使うことがあります。心配な場合は金属アレルギーの検査を受けましょう。金属の中でもチタンはもっとも身体にやさしい金属です。気になる方はチタン床を選ばれることをおすすめします。
入れ歯安定剤は使ったほうがいいですか?
入れ歯安定剤は応急処置としてご使用ください。市販の入れ歯安定剤は流れが悪く分厚くなりがちで、長期的に使用すると歯茎を傷めることがあります。歯科医院で使用する粘膜調整剤は粘膜の状態を改善し入れ歯が安定しますので、ご相談ください。
人気がある、希望が多い入れ歯を教えてください。
患者さんに合う入れ歯はお口の状態により異なります。ノンクラスプデンチャーやコンフォートデンチャーを使用される方が多いです。
しかし患者さんのご要望をふまえてお口の状態に合った入れ歯をご提案しますので、まずはご相談ください。
入れ歯治療について詳しくはこちらをご覧ください
審美歯科
ゴールド(金歯)はなぜ銀歯よりいいのですか?
ゴールドは身体で比較的安定している金属です。変色が少なくアレルギーの心配もほとんどありません。硬すぎず「のび」がよいので歯とのすき間ができにくいうえ、まわりの歯を傷めません。
なぜ歯は変色するのですか?
歯が変色する原因としては、加齢や色の濃い食べ物による色素沈着が考えられます。歯は年齢とともに黄色味を増します。コーヒーや紅茶、お茶、赤ワインなどの色の濃い飲食物は、歯に着色することがあります。また神経を抜いた歯や抗生物質の服用により歯が黒ずむことがあります。
ホワイトニングは安全ですか?
ホワイトニングは専用の薬剤により歯を漂白します。このホワイトニング剤は多くの研究と臨床例が報告され安全性が確認されていますので、ご安心ください。
審美歯科での処置は痛くないのでしょうか?
痛みはほとんどありません。治療中は麻酔をかけます。また麻酔自体にもさまざまな工夫をして「できるだけ痛くない治療」を心がけています。
審美歯科・ホワイトニングについて詳しくはこちらをご覧ください
矯正歯科
矯正治療は絶対に歯を抜かなければならないのですか?
お口の状況によっては、抜歯しなくても矯正治療をすることができます。抜歯する必要がないと判断できたら、当院ではまず床装置を用いて顎を広げ、歯が並ぶスペースをつくる矯正方法を行っています。
床矯正は歯を抜かない分、期間が長くかかりませんか?
とくに治療期間が長引くことはありません。個人差はありますが、治療期間は平均2~3年です。
床矯正は大人でも大丈夫ですか?
床矯正に年齢の制限はありません。最近では矯正治療を受けている大人の方がたくさんいらっしゃいます。子どもの場合は、顎の骨が広がりやすい10歳までに治療を開始することをおすすめしています。
矯正歯科について詳しくはこちらをご覧ください
その他
車で行きたいのですが、駐車場はありますか?
はい。歯科医院の下には8台が停められる駐車場を完備しています。どうぞご利用ください。
大きな金額を払う場合の支払方法を教えてください。
健康保険外の治療では、現金のほか各種クレジットカードでのお支払いも承ります。
子どもがいるのですが、大丈夫でしょうか?
チャイルドルームと保育士の資格をもったスタッフが常駐しておりますので、安心して治療を受けられます。
保育士の資格をもったスタッフさんは、自分が治療中どんなことをするのですか?
親御さんの治療の間、一緒に遊んでくれます。

当院1Fにメンテナンス専門院オープン!当院では、より気軽に歯に大事なメンテンスを行っていただくために、メンテナンス専門院をオープン致しました。

北九州市小倉南区の歯医者 上田歯科医院へのお電話はこちら 093-921-1806

Copyright c Ueda Dental Clinic All Rights Reserved.

ページの先頭へ