北九州市小倉南区の歯医者 上田歯科医院の歯周病に関するページです。

歯茎がぐらつく、口臭が気になる

スタッフブログはこちら

ドクターズブログはこちら

矯正体験記はこちら

患者さんの声

  • ドクターズブログはこちら
  • スタッフブログはこちら
  • 患者さんの声
  • 矯正体験記はこちら

「歯茎の腫れや出血」……それは歯周病のサインかもしれません

日本人の成人の80%以上がかかっている、またはその予備軍といわれる歯周病。歯を失ってしまう原因としては虫歯より高く、第一位になっています。
しかし初期の段階では自覚症状に気づかず、悪化させてしまうことがほとんどです。歯茎腫れが出る」「が出る」「ひどい口臭がする」「歯が長くなってきた」「歯がぐらつく」など気になる症状がありましたら、歯周病かもしれません。お早めに歯科医院にご相談ください。
北九州モノレールの北方駅より徒歩5分の「上田歯科医院」では、歯周病治療についても注力しています。

日本人の成人の80%以上がかかっている、またはその予備軍といわれる歯周病。歯を失ってしまう原因としては虫歯より高く、第一位になっています。
しかし初期の段階では自覚症状に気づかず、悪化させてしまうことがほとんどです。歯茎腫れが出る」「が出る」「ひどい口臭がする」「歯が長くなってきた」「歯がぐらつく」など気になる症状がありましたら、歯周病かもしれません。お早めに歯科医院にご相談ください。
北九州モノレールの北方駅より徒歩5分の「上田歯科医院」では、歯周病治療についても注力しています。

歯周病について

歯周病とは

歯周病菌に感染することで歯茎の炎症から始まり、放っておくと歯を支えるまわりの組織、顎の骨を溶かし、やがては歯を失ってしまう怖い病気です。

表面的には問題がないように見えますが、レントゲン写真を見ると歯を支える骨がなくなっているのがわかります。

歯肉炎(歯茎の炎症)に進むまでの過程

歯と歯茎の間には、1~2mmほどのすき間があります。毎日の歯みがきが不十分だったり、定期検診などを受けていないと、歯周病の原因菌を含む歯垢(プラーク:細菌のかたまり)がすき間にたまって歯石をつくります。

歯石が蓄積してくると歯周ポケット(歯と歯茎の溝)のすき間を押し広げて歯肉(歯茎)が炎症を起こします。炎症を起こした歯肉は赤く腫れます。

腫れが進むと歯みがきの際に歯ブラシがあたると痛みとともに出血します。このまま放っておくと症状はどんどん悪化していきます。

歯周病の進行状況

歯周病は歯肉炎と歯周炎に分かれます。歯肉炎は歯茎に炎症を起こした状態ですが、歯を支えるまわりの組織にまで炎症が進むと歯周炎と呼ばれます。

歯肉炎~軽度の歯周炎
歯肉が赤く腫れあがり、歯みがきをしているときに出血することがあります。適切な歯みがきや歯石除去により改善可能です
中等度の歯周炎
歯周ポケットの中に歯石が付着して蓄積し、歯を支える顎の骨の半分が減った状態です。口臭があり、歯が浮いた感じがします。強く噛むと痛みます。
重度歯周炎
歯を支える顎の骨がほとんど溶けた状態です。歯根が露出し、ぐらつきがひどくなります。硬い物が食べられず口臭がひどくなり、膿が出ます。最終的には歯が抜けてしまいます。

歯周病治療の流れ

  1. お口の中のレントゲン写真を撮ります
  2. 口内写真を撮影します
  3. 口臭測定器を使って口臭を測定します
  4. 歯周ポケットの深さをチェックします
  5. 位相差顕微鏡を使用しお口の中にある細菌の種類を検査します
  6. 正しい歯みがき方法を指導します

歯周病予防につながる歯みがき法

歯周病は歯みがきの仕方に大きく影響されます。ご自宅でもできる歯周病予防対策として当院では、歯科衛生士による正しい歯みがき指導を行っています。一人ひとりの患者さんに合わせてアドバイスしますので、毎日のセルフケアに役立ててください。

step01

歯ブラシの毛先を45度の角度で歯茎に当てます。そして歯ブラシを斜めにして歯茎から歯に向かって滑らせます。

step02

歯ブラシの毛先を歯茎の縁のほうへ滑らせるように圧迫します。歯ブラシの毛先を歯茎に押し込む感じにします。

step03

毛先の位置はそのままに歯ブラシを、力を入れずに20秒ほど小きざみに横に振動させます。

歯だけじゃない、身体への影響

歯周病の直接の原因は歯周病菌ですが、歯周病菌のすみかとなる歯垢をためやすい生活習慣には注意が必要です。食事のときよく噛まない、歯みがきをきちんとしない、ストレスをためている、喫煙するなどの要因が歯周病を引き起したり悪化させたりするのです。

そして歯周病はお口の中だけの病気と思われがちですが、全身疾患との関連性が指摘されています。お口と全身の健康を保つためにも歯垢を取り除き、お口全体を清潔にして歯周病を予防しましょう。

歯周病が影響をおよぼすといわれるおもな疾患

  • 糖尿病
  • 心疾患
  • 誤嚥性肺炎
  • 骨粗しょう症
  • 早産・低体重児出産
  • 動脈硬化 など

定期検診(メンテナンス)とは

定期検診(メンテナンス)とは

私たちは、患者さんの大切な歯をできるかぎり削ったり抜いたりしたくありません。歯を健康に守るためには定期的なメンテナンスが重要です。上田歯科医院では精密治療メンテナンス、歯みがき指導で豊かな人生をサポートします。

当院では3ヶ月に1回、お電話で定期検診のお知らせをしています。3ヶ月の定期検診では、歯ブラシでは取り除けないような歯垢も短時間でクリーニング。健康で清潔な歯の状態に保ちます。

検診内容
  • 虫歯などの歯のチェック
  • 歯石除去

当院1Fにメンテナンス専門院オープン!当院では、より気軽に歯に大事なメンテンスを行っていただくために、メンテナンス専門院をオープン致しました。

Copyright c Ueda Dental Clinic All Rights Reserved.

ページの先頭へ