北九州・小倉南区の歯医者 上田歯科医院の虫歯治療のページです。

歯が痛くなった、虫歯が気になる

スタッフブログはこちら

ドクターズブログはこちら

矯正体験記はこちら

患者さんの声

  • ドクターズブログはこちら
  • スタッフブログはこちら
  • 患者さんの声
  • 矯正体験記はこちら

「しみる」「痛い」……なるべく早く虫歯検査や治療を受けましょう

多くの方が経験のある虫歯。初期の段階では自覚症状がほとんどないので、なかなか気づきません。
放っておくとどんどん進行して「穴がある」「物が詰まりやすい」「冷たい物・甘い物がしみる」「痛いなどの症状が現れます。
虫歯になってしまったら早期発見・早期治療がなにより大切です。少しでも歯に違和感がありましたら、歯科医院でのお早めの検査をおすすめします。
こちらでは北九州モノレールの北方駅徒歩5分の歯医者「上田歯科医院」が虫歯についてのお話をします。

多くの方が経験のある虫歯。初期の段階では自覚症状がほとんどないので、なかなか気づきません。
放っておくとどんどん進行して「穴がある」「物が詰まりやすい」「冷たい物・甘い物がしみる」「痛いなどの症状が現れます。
虫歯になってしまったら早期発見・早期治療がなにより大切です。少しでも歯に違和感がありましたら、歯科医院でのお早めの検査をおすすめします。
こちらでは北九州モノレールの北方駅徒歩5分の歯医者「上田歯科医院」が虫歯についてのお話をします。

虫歯について

虫歯とは

お口の中の細菌が糖分を分解して「酸」を出し、その「酸」が歯を溶かす病気です。お口の中は常にたくさんの菌が存在します。
その中の虫歯菌(ミュータンス菌など)が歯の表面に付着し、糖分を取り込み、ネバネバの物質(菌体外多糖)を生成し繁殖します。これが歯垢(プラーク)です。

歯垢が付着した状態が続くとその中の菌が「酸」を出し、歯が「脱灰(だっかい)」というカルシウムなどの成分が溶け出す状態になります。
このとき歯は白く濁った色になりますが、この段階なら丁寧な歯みがきをすることで「再石灰化(さいせっかいか)」し、溶け出した歯の成分がふたたび歯に戻ります。お口の中ではこの「脱灰」と「再石灰化」が常にくり返されており、双方のバランスが取れていれば問題はありませんが、ひとたびバランスがくずれ「再石灰化」が追いつかないと虫歯になってしまうというわけです。

虫歯治療

初期の虫歯

エナメル質(歯の表面の一番硬い部分)が溶かされ始めます。エナメル質には神経がないので痛みなどはまだありません。
自覚症状がありませんので、自分ではなかなか気づきませんが、定期検診で歯石除去などの歯のクリーニングを受けていれば見つけることができ、早期治療が可能です。

おもな症状
  • 歯の表面にツヤがなく、白濁した状態です
  • 薄い茶褐色になることもあります
治療方法
  • 虫歯部分を削って詰め物(コンポジットレジン)で補います

中期の虫歯

虫歯菌による汚染がエナメル質の内側にある象牙質にまで達した状態です。穴が空き黒っぽく見えます。

おもな症状
  • 穴が空きます
  • 茶褐色から黒っぽくなります
  • 冷たい物、甘い物、酸っぱい物がしみます
治療方法
  • 虫歯部分を削って詰め物(インレー)か被せ物(神経が残っている場合のクラウン)を装着します

末期の虫歯

感染が歯の神経にまで達した状態です。ズキズキと痛み、急性歯髄炎になってしまうと麻酔が効きづらくなります。治療しないで放っておくと、いったん痛みが治まりますが、治癒した訳ではなく、神経が死んでしまったことを意味します。それでも治療をしないと歯の根の先に膿がたまり根尖病巣ができ、ふたたび激しく痛み出します。

おもな症状
  • 歯に大きな穴が空きます
  • ズキズキと刺すような痛みがあります
  • 膿が出ます
  • 歯が割れることもあります
治療方法
  • 歯の根の入っている根管という細い管の中の治療(根管治療)をしてから支台を立て、その上に被せ物(神経が死んでいる場合のクラウン)を装着します。

歯の大切な役割

「歯の役割は?」と聞かれると「食べ物を噛む」ことがまず思い浮かぶでしょう。しかし歯の役割はそれだけではありません。こちらで改めて歯の大切さをお話ししますので、大切な歯を守るためのお口のケアの重要性についても見直していただければと思います。

食べること
食べ物を噛み切る、細かくつぶす咀嚼(そしゃく)は栄養摂取に大切です。そして味わう喜びは生きる意欲にもつながります。
話すこと
お口や歯の健康はクリアな発音を助けます。話すことで意思の疎通が可能となり生きる意欲に通じます。
唾液の分泌
お口の自浄作用がある唾液の分泌量はよく噛むことで活発化します。
脳への刺激
よく噛むと脳への刺激になり、血流もよくなり、脳の細胞の働きも活発になるといわれています。
平衡感覚を保つ
しっかり噛むことができると身体のバランスも保たれ、歩行の安定につながります。
表情をつくる
とくに前歯が1本でもなくなると、お顔のイメージがガラッと変わってしまいます。

メンテナンス

メンテナンス

虫歯になってしまったら、早く治療を始めて、進行を止める必要があります。
そのためには虫歯部分を削らなければなりません。そして、そこに詰め物や被せ物を装着するため、さらに歯を削り形を整える必要があります。
しかし、歯は一度削ってしまうと元には戻りません。だからこそ当院では、大切な歯はできるだけ削りたくないと考えています。

歯を削らず、歯を守るためには、「治療」よりも「予防」が効果的です。そこで、当院では定期的なメンテナンスをおすすめしています。毎日のセルフケアでは落としきれないお口の汚れは、3ヶ月に1回の定期検診で歯のクリーニングをしてきれい落としましょう。
健康で清潔な歯の状態に保つことが「予防」につながります。

定期検診:メンテナンスの内容

  • 虫歯などのお口のトラブルのチェック
  • 歯石除去などの歯のクリーニング
  • 歯みがき指導

当院1Fにメンテナンス専門院オープン!当院では、より気軽に歯に大事なメンテンスを行っていただくために、メンテナンス専門院をオープン致しました。

Copyright c Ueda Dental Clinic All Rights Reserved.

ページの先頭へ